2018/3/14 仮想通貨ニュース 日本経済新聞より グーグルが仮想通貨の広告を6月から禁止?

グーグル、仮想通貨の広告禁止 6月から

北米 AI 2018/3/14 19:48

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグルは13日、仮想通貨に関わる広告を6月から掲載しないようにすると発表した。詐欺的な取引に誘導する広告などからネットの利用者を保護するためとみられる。同様の措置はフェイスブックも1月に表明ずみ。ネット上の広告で6割を超えるシェアを持つ2社の厳格な対応は仮想通貨市場に大きな影響を与えそうだ。

フェイクニュースはネット大手に課題を与えた(米カリフォルニア州のグーグルのオフィス=ロイター)

フェイクニュースはネット大手に課題を与えた(米カリフォルニア州のグーグルのオフィス=ロイター)

同社はネット検索や動画配信のユーチューブなどグーグルのサービスで表示される広告について掲載基準を定期的に見直している。今回は規制されていなかったり投機的な要素が強かったりする金融取引について掲載を禁じる方針。外為取引などと並んで仮想通貨も対象にあげており、仮想通貨を使った資金調達(ICO)や取引所に関する広告も含まれるもようだ。

仮想通貨を巡ってはフェイスブックも広告の全面禁止を表明している。米国ではICOを通じた詐欺まがいの取引が一部で生じているほか、取引所についても開示姿勢が不透明として米証券取引委員会(SEC)が警告を発している。グーグルを含めた2社の広告の影響力は大きく「自己規制」を通じてトラブルの芽を摘む狙いとみられる。

あわせてグーグルは2017年に32億を超える広告を同社の掲載基準にあわないとして排除したことを明らかにした。広告を通じた詐欺まがいの行為にユーザーが巻き込まれる前にグーグルとして対応をとるようにしているという。

引用元:日本経済新聞

えっと。。えっと。。?

これってどぉ言う事なんだろう?

広告禁止って。。?

今まで取引所の案内とかして来てたサイトとかも全て6月からグーグルが禁止って事は掲載できなくなるって事なのかなぁ??

仮想通貨の詐欺は今に始まった事ではないしもっと事前に予測出来ていた自体が現実に起きたって感じだと思うけど。。ちょっと今更?って感じてしまったのは私だけだろうか?汗

6月以降は仮想通貨情報の配信はどうなってしまうのだろぉ?汗


仮想通貨の取引所公式ページ一覧

コインチェック騒動の一件以来、仮想通貨市場に大きな影響を感じる今日この頃。。

その反面、金融庁の規制が強化された事により、生き残って来る取引所への期待も大きくできるのかなと個人的には思っています。

そんな中、現状から取引は様子を見ているものの、色んな取引所のアカウント取得を進めて行ってます。

アカウント取得をするだけでも色々と情報収集にもなり、勉強になる事も多いので今の段階からのアカウント取得は、今後仮想通貨を視野に入れて行きたい方にとってはオススメではないでしょうか?

既に取引をされてる投資家の方達は今の安くなってる時に買い増しして行ってるようですね。

取引に関してはあくまでも投資ですので自己責任でお願いしますね。

⇨bitFlyerの公式ページはこちらから

⇨Zaifの公式ページはこちらから

⇨BINANCEの公式ページはこちらから

投資はリスクヘッジして少しでも分散させておこう

仮想通貨市場に大きな変化が本当に次々と起きて来ていますねぇ。

投資は一つだけに頼るのではなく、リスク分散させておいた方が良いと思います。

手軽に始めやすい投資としては、バイナリーオプションやFXがありますが、個人的にはFXの方が始めやすいのかなぁと思います。

♡—–♡—–♡

トレンド相場:大きく上昇傾向、または大きく下落傾向にある相場状態の事

・FXにおいてはこのトレンド相場の時の取引が最も勝ちやすいとされています。

レンジ相場:ある一定の範囲内で上昇、または下落を繰り返し大きな動きがない相場状態の事

・レンジ狙いでデイトレする投資家の方もありますが、基本的にはこの状態の時の取引は避けた方が良いです。

♡—–♡—–♡

FX口座数国内1位DMM.com証券DMM FXが安心して始めやすいです。


⇨DMM.com証券の公式ページはこちらから

スポンサーリンク
DUO(デュオ)クレンジングバーム

DUO(デュオ)クレンジングバーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
DUO(デュオ)クレンジングバーム